ONKYOってどんな会社

subpage1

ONKYOは、大阪市に中央区に本社のある音響機器メーカーです。



大阪電気音響社として創業したのが1946年、当時高価格であったスピーカー内蔵ラジオを販売し大ヒットさせました。
音波と電気信号を交換する振動板であるコーン紙まで自社生産するこだわりと高い技術が評判を呼んだのです。

以降は、東芝の出資を受けグループの一員となりオーディオ機器やテレビの販売を拡大しました。



急速なデジタル化が進んだ1990年台に入ると東芝が株を手放し資本提携が解消されましたが、高級オーディオ製品の納入を継続するなど、その後も関係を保っています。
2008年にはデスクトップPCメーカーであったソーテックを吸収合併、2009年にはノートパソコンに強みのある工人舎と協業を発表、パソコン市場に進出し得意とする音響技術のノウハウと国内生産による高品質と安定性が支持を集めています。



ONKYOの主力製品には手軽に高音質を楽しめるヘッドホンやイヤホン、臨場感あふれるホームシアター、動的ノイズを低減させたプリアンプ、高効率のパワーを出力できるパワーアンプ、まるでそこに居るような音響体感のできる高品位スピーカー、音声信号の劣化を防ぐCDプレイヤー、ステレオプリアンプなど本格的なハイレゾ音域を楽しめる高級音響機器から、アナログレコードを楽しめるマニュアルレコードプレイヤー、手頃な価格帯で楽しめるコンパクトステレオまで扱っています。

ONKYOは、総合的な音響機器メーカーとして着実に実績を積み重ねている会社です。